勃起不全に効果的な医薬品タダラフィルの内容

タダラフィルは、2003年に販売を開始した勃起不全を改善する効果のある医薬品です。勃起不全を改善する医薬品といえば、1990年代の後半に登場して世界中で一大センセーションを巻き起こしたバイアグラが有名です。タダラフィルの基本的な作用はバイアグラと同様で、勃起の妨げとなっている酵素の活性を防ぐことにより、陰茎周辺部の血液循環が促進して性的な刺激があれば勃起できる状態となります。

ただし、タダラフィルは、バイアグラとはいくつかの部分で違いがあります。まず、バイアグラは食事による影響を強く受けてしまうので、効果を発揮させるためには空腹時に服用しなくてはなりませんでした。このために、性行為の前に栄養補給を十分に出来ないので、身体には非常に負担がかかってしまいます。

これに対してタダラフィルは、800キロカロリー程度であれば食後の服用も可能とされています。つまり、栄養補給を行った後に性行為が出来るということになります。つまり、効果的というだけではなく身体への負担が軽くなるので、安全性という部分でもメリットがある医薬品と言えます。

また、バイアグラが5時間から6時間しか効果が持続しなかったのに対して、タダラフィルは24時間から36時間となっています。ただし、だからといって刺激が強い薬品というわけではなく、長時間マイルドに効くという内容です。このために、バイアグラでは高確率で生じる顔のほてりなどの副作用も少なくなっています。

この様に、タダラフィルは軽度の勃起不全の人に効果的な医薬品です。短期的な目的で使用するよりも、普段の生活に取り入れる方が効果的です。ただし、重度の肝障害や不整脈を患っている人や低血圧や高血圧が著しい人は使用することは出来ません。