出張でED治療・初診料とタダラフィルの値段

出張先にED(勃起障害)治療で有名な医療機関があれば、その時に相談してみるという手もあります。
ED=泌尿器科と思っているかもしれませんが、実際にはどこの科でもED治療薬の処方はしてもらえます。内科でも処方してもらえます。
都内では、初診料が無料で、診察料も無料という所もあります。なので、かかる費用は治療薬の値段だけになります。タダラフィルであれば1錠2,000円くらいなので、これに処方してもらう個数をかければ診察料が計算出来ます。
どこの医療機関でED治療薬を処方してもらっても、自費診療になります。保険証は使えないということで、通院を続けていれば、かなりの費用負担になる事もあります。
費用を減らす方法として、個人輸入をするという方法があります。タダラフィルはシアリスという薬名で扱われており、ネットで個人輸入代行業者を通して買うことが出来ます。まとめ買いすると割引が受けられたり、シアリスのジェネリック薬を入手する事も出来ます。
タダラフィルはシアリスの有効成分の名前で、食事の影響を受けない、効果の持続時間が36時間と長め、副作用が少ない、などのメリットがあります。シアリスは1錠あたり2,000円弱しますが、ジェネリック薬であれば、1錠あたり130円くらいで買う事が出来ます。
個人輸入して使う場合には偽物や粗悪品でないことに注意して使う必要があります。もし医療機関で処方された表示と全く異なる有効成分の表示であれば、偽物である可能性が高いので注意したほうが良いです。
サイトをチェックする時には、見た目に騙されない事が重要です。サイトだけ作りが良くても、中身は粗悪な業者だったという危険性もあります。